東京の幼稚園の受験対策は

子育てをしていて幼稚園を決めるというのは、子供の教育方針を決定する最初の関門とも言えます。東京には公立(区立)の園と私立の園が存在します。公立の園は多くは通学区域があり入園は先着順を採用しているようですが、私立の園であれば定められた通学区域はなく、入園は考査(テスト)方式が多いようです。考査の内容は園により様々で、東京には全国的に有名な私立学校の系列幼稚園がいくつもありますが、それらの園では幼児が対象と言えどもペーパーテストが課せられる場合もあります。その他の一般的な私立幼稚園では考査内容も教諭との遊びや会話であったり、簡単な受け答えで終わる場合が多いようで、受験と言っても特別な対策は必要ありません。しかしペーパーテストがある本格的なお受験園の場合は受験するなら赤ちゃん時代から専門の幼児教室に通うなど、早目の対策が必須です。

東京に引っ越してきた事で持ち上がった幼稚園の受験

結婚した当時は、地方に住んでいたのですが、旦那の仕事の都合で、東京に引っ越してきました。今までは、二人きりでしたので、割と身軽に考えていたのですが、息子の誕生が現実となった今、少々頭を悩ませております。というのも、息子の幼稚園受験についてです。まだ、気が早いかもしれませんが、旦那も私も、地元は地方で東京出身ではありません。親戚や付き合いの長い友人を含めても、東京で子供の受験をこなした経験者はおりません。どうしても幼稚園の受験のような話題には疎くなってしまいますし、勝手が分かりません。産後はゆっくりと考える余裕もないはずですので、出来るうち、動けるうちに色々と調べて決めていかないといけないと焦るばかりで、どうしたらよいのか頭を悩ませています。今まで、地方でのんびりしていた反動もありますが、やはり都心は大変だと実感しています。

東京での幼稚園受験の準備と転勤騒動

息子の幼稚園受験を控えたこの時期に、夫に転勤の話が持ち上がりました。全く予期していなかったこともあり、かなりの誤算です。夫も私も東京出身で、受験には苦労してきたタイプです。息子には私達のような苦労はさせたくないと、幼稚園受験を決め、準備をしてきたのですが、突然の転勤話に気が動転しています。単身赴任という選択肢も考えましたし、転勤を断る事も考えました。色々と考えてはいるものの、良い答えは出ません。来るべき日に備え、周到に計画してきたつもりでしたので、やはり計画を乱されたという気持ちが強く、頭が真っ白です。幼稚園の機会を逃したとしても、まだチャンスはあります。一刻も早く、気持ちを建て直し、前に進まなくてはいけないと頭ではわかっていますが、気持ちが追いつかず、うまくいきません。人生は予期せぬ事の連続と言いますが、もう少しお手柔らかにして欲しかったです。